【特典案内】三井住友カード プラチナプリファードを公式HPより10,000ポイントお得に入会詳しくはこちら

Oliveフレキシブルペイって何?私は使うべき?Olive利用がおすすめのパターンから始め方まで解説!【三井住友】

  • 「Olive」ってどんなサービス?メリットは?
  • 従来の三井住友カードとOliveフレキシブルペイ、どちらにすべき?

2023年3月スタートの新サービス「Olive」。何やら新しそうで、お得そうで、気になりますよね。

このページでは、Oliveの概要やOliveで出来ること、Oliveの利用が向いているパターンなどを解説しています。

特に、従来の三井住友カードを作るのか、Oliveフレキシブルペイにしてみるのが良いか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

現在は三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード プラチナプリファードからの乗り換えキャンペーンも実施されているので、このタイミングで導入するかどうか、一度考えておくのがよさそうです。

目次

Oliveとは?

Oliveとはそもそもどんなもの?

概要

Oliveとは?

2023年3月にスタートの三井住友フィナンシャルグループの新サービス。

今まで散らばっていた三井住友銀行の口座、三井住友カードのクレジット、デビット、Vポイント払い、保険・証券までを、1つのアプリと1枚のカードを使って一元管理・利用が可能になります。

また、振込手数料の無料化や、三井住友カード利用時のVポイントUP等の特典が多数あります。

お金の支出や管理・資産形成など、お金にまつわるあらゆる行動を1つのアプリと1枚のカードに完結させることで、煩雑なお金の管理を簡単・明快にすることを狙いとしたサービスです。

「個人向け総合金融サービス」の位置づけでリリースされており、これまで分散していたお金がらみのサービスをひとまとめにするメリットが期待できます。

一つのカードにまとまる「Oliveフレキシブルペイ」

Oliveフレキシブルペイ一般カードの券面
複数の機能が搭載された
Oliveフレキシブルペイのイメージ

カードに関しては「Oliveフレキシブルペイ」というカードに、今まで別々だった、キャッシュカード、クレジットカード、デビットカード、ポイント払いの機能が搭載され、一枚でマルチな利用が可能。

預金の利用と3つの支払いモードがこの1枚で完結し、別々に持たなくてよくなります。

Oliveフレキシブルペイの種類

Oliveフレキシブルペイには、従来の三井住友カードと同じように、一般/ゴールド/プラチナプリファードが用意されています。

年会費や基本のポイント還元、付帯保険など、多くの部分は三井住友カードと同様の設計ですが、Vポイントアッププログラムなど一部の性能が異なります。

一つのアプリにまとまる

また、一つのアプリの中で銀行口座や三井住友カードの管理、証券口座利用が完結できるようになります。

具体的には、Oliveアカウントに登録することで、三井住友銀行の口座、クレジットやデビットカード、SBI証券の口座の管理と利用が一か所に紐づいて、一つのアプリで完結できるようになります。

お金の状況をまとめて見える化・利用でき、目が届きやすくなるところがポイント。

Olive独自のメリットも多数提供されている

さらに、このようなカードやアプリをひとまとめにする機能の他、Olive利用者向けに、三井住友銀行の振込手数料の無料化や、三井住友カードのVポイントUPなどの恩恵が多数用意されています。

管理が楽になり、さらにお得に。
詳しくは続きで解説するよ。

Oliveでできること・メリット

では、具体的にOliveで出来るようになることとメリットを見ていきましょう。

出来ること・メリット
  1. 煩雑なお金の利用、管理がすっきり明快!お財布もすっきり!
  2. 従来の三井住友カードよりも一部Vポイントがお得に
  3. 三井住友銀行関連の手数料などがネット銀行並みの安さに

機能面ではやはり、管理が一元化して「すっきり」すること、

金銭面ではVポイントの還元力の強化や銀行手数料関連が抑えられることが特徴であり、メリットです。

煩雑なお金の利用、管理がすっきり明快!お財布もすっきり!

Oliveフレキシブルペイカードとアプリだけで、あらゆる支払いとお金の管理、運用が完結。

これまで何枚もあったカードやいくつもあったアプリが、一つにまとまってすっきり。また、複数のアプリやサイトを行き来してお金の管理をしなくても良くなります。

Oliveフレキシブルペイのカード1枚で以下の機能を利用できます。

  • キャッシュカード
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ポイント払い

カードの数が減るのは、出来るだけ身軽に外出したい人にはメリットだね!

また、アプリを使って以下のことを1か所でまとめて実行できるようになり、わざわざ複数のサイトやアプリを何度も開いたりする必要がなくなります。

  • 三井住友銀行口座の管理、利用
  • SBI証券の残高管理、株・投信取引
  • カード付帯保険の確認変更、Vポイント保険の申込
  • Oliveフレキシブルペイの機能切替やカード決済状況の管理など

Oliveフレキシブルペイカードのクレジット払いモード、デビット払いモードなどの切替えは、アプリ上で行います。

従来の三井住友カードよりもVポイントがお得に

Oliveでは、三井住友カードと同様に、Oliveフレキシブルペイ 一般、ゴールド、プラチナプリファードがあります。基本のポイント還元率は、Oliveフレキシブルペイと三井住友カード、どちらも同じです。

基本のポイント還元率

Oliveフレキシブルペイ三井住友カード
プラチナプリファード1%1%
ゴールド(NL)0.5%0.5%
一般(NL)0.5%0.5%
  • Oliveフレキシブルペイはクレジットモード、デビットモードの時の還元率。ポイント払い時はすべてのカードで0.25%還元。

一方、対象のコンビニ・飲食店での支払い時に限り、「Vポイントアッププログラム」が適用され、最大で8%還元率が上昇します。

従来の三井住友カードにもVポイントアッププログラムは適用されますが、最大4%UPなので、Oliveの方がさらに4%多く付与を受けることができます。

なお、対象店舗は、三井住友カードにおいてタッチ決済で最大7%還元になるコンビニ・飲食店と同様の店舗です。

Vpoint-up-program
Vポイントアッププログラムの比較

従来の三井住友カードを選択せず、Oliveフレキシブルペイを選ぶ金銭面での最大のメリットはこの点になるでしょう。

逆に言えば、対象のコンビニ・飲食店以外では三井住友カードもOliveフレキシブルペイも金銭面では大きな差はないと言えますね。

三井住友銀行関連の手数料などがネット銀行並みの安さに

その他には、三井住友銀行の利用手数料を無料化する特典など、銀行関連のメリットもついています。

  • 定額自動送金手数料無料
  • 他行宛振込手数料無料
  • 本支店ATM手数料無料 など

メガバンクでありながら、手数料の安さなどが売りのネット銀行とあまり遜色がないレベルになりますね。

メインバンクとして使えるメガバンクの安心感と、お得が両立しているのは有難いですね。

こんな人はOliveの利用がおすすめ

Oliveの概要や出来ることが分かったところで、従来の三井住友カードを発行するより、Oliveに登録してOliveフレキシブルペイカードを使う方がよいのは、どの様なパターンの時でしょうか。

当サイトでは、以下の3パターンの場合にOliveフレキシブルペイの選択をおすすめしたいと考えています。

Olive利用が向いているパターン
  1. 三井住友銀行やSBI証券を既に使っているなら、導入ハードルよりもメリットが大!
  2. コンビニチェーンや飲食店チェーンをよく使うなら、金銭メリット大!
  3. お金の状況を把握しやすく、出来るだけ集約したいなら、コンセプトにマッチ!

当てはまるなら、導入ハードルも低くメリットも大きい

Oliveの利用には、三井住友銀行の口座開設が必須となりますが、逆に既に持っているならOlive導入まではあと一歩です。

既に口座を持っているなら、後はOliveフレキシブルペイに新たに申し込むか、今持っている三井住友カードからOliveフレキシブルペイに乗り換えるだけでOKなため、低い導入ハードルでメリットを得られます。

Olive利用に必要な手続きややり方は、後程解説しています。

SBI証券も既に使っているならば、ついでに一つにまとめられるのでより便利になります。

また、金銭的なメリット面では、コンビニや飲食店で最大15%還元はかなり強いため、コンビニや飲食店をバンバン使う方は純粋にメリット大です。

ついつい高くつきがちなコンビニや外食、少しでも安くなるならうれしいですね。

お金にまつわることを一つにまとめてしまいたい!

Oliveのコンセプト通り、「お金のあらゆる事柄を一つにまとめる」ことに意義を感じるなら、この際思い切ってOliveに乗り換えるのも良いですね。

色んなアプリやサイトに何度もログインするのは面倒!、バラバラに管理していると訳が分からなくなる!と日々感じている方は、良さを実感しやすいと思います。

サービスがあふれて便利になる反面、管理が大変になっていると実感している方も多いことでしょう。

また、余計なカードが減るので、お財布もすっきりです。外出時の持ち物を出来るだけ少なくしたい身軽派には利点です。せっかくのキャッシュレス時代です。身軽にいきたいですね。

「一つにまとめない」と言う選択肢も

逆に、対象のコンビニ・飲食店をあまり使わない!と言う方や、お金関係をあえていろいろと紐づけたくない!と言う方は、Oliveフレキシブルペイが提供できるメリットを享受できる場面が減るため、従来の三井住友カードを選択する良さもあると言えます。

得られるメリットと天秤にかけて判断だね。

Oliveのはじめ方

Oliveアカウントへの申し込みが必要

Oliveのサービスを使うには、「Oliveアカウント」の開設が必要です。

ここまで述べてきたOliveフレキシブルペイだったり、一つのアプリに銀行やカード、証券口座を連携させるのも、この「Oliveアカウント」を開設することで可能になります。

発行はアプリ完結でとても簡単。
具体的な内容は続きをお読みください。

Oliveアカウントの申込方法

三井住友銀行の口座をお持ちかどうかで手続きが異なりますが、スマホアプリで申込が完結し、手続きはとても簡単です。

三井住友銀行の口座を持っていない場合

口座がない場合は、口座開設も必要になりますが、口座の解説からOliveアカウントの申し込みまで、アプリ内で完結し手軽に申込できます。

STEP
三井住友銀行アプリをDLします

スマートフォンに三井住友銀行アプリをインストールしましょう。

STEP
Oliveアカウントの申込をします

先ほどインストールした三井住友銀行アプリから、Oliveアカウントの申込を行います。

STEP
カードランクなどを選択

Oliveフレキシブルペイのカードランクを選びます。一般/ゴールド/プラチナプリファードから選びます。

STEP
情報の入力

口座の開設などに必要なご自身の情報を入力します。

STEP
完了!しばらくするとカードが届く。

申込から最短1~2営業日で口座開設が完了。

後日郵送でOliveフレキシブルペイのカードが届き、Oliveデビューです!

三井住友銀行の口座を既に持っている場合

口座を持っている場合は、既に使っている銀行アカウントをOliveアカウントに切り替えるイメージです。

STEP
三井住友銀行アプリにログイン

アプリがない場合はインストールしましょう。ある場合は、三井住友銀行アプリを開き、ログインします。

STEP
アプリ内でアカウント切替を行う

ログインしたらアプリ内にOliveアカウントに切り替えるボタンがありますので、そちらをタップして切り替えを行います。

STEP
完了!しばらくするとカードが届く。

アカウントの切り替え後、しばらくするとOliveフレキシブルペイのカードが届き、Oliveデビューです!

従来の三井住友カードからの乗り換えキャンペーンも

もし既に三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード プラチナプリファードをお使いならば、切替キャンペーンも張られており、検討のうえで材料になると思います。

以下どのキャンペーンも2024年2月29日(木)までの期間限定です。

三井住友カード ゴールド(NL)からの乗り換え

既に三井住友カード ゴールド(NL)を持っていて、Oliveフレキシブルペイ ゴールドに乗り換える場合、以下のキャンペーンが利用可能です。

ゴールドの乗り換えキャンペーン内容

三井住友カード ゴールド(NL)で年間100万円利用し達成した年会費永年無料化を、Oliveフレキシブルペイ ゴールドにも反映できる

頑張って過去に達成した年会費無料化の権利は、Oliveでも引き続き利用可能になるので、改めて100万円達成しなおす必要がなくなります。

また、今まさに三井住友カード ゴールド(NL)で100万円達成を目指している状態でOliveフレキシブルペイ ゴールドを申し込んだ場合、その後三井住友カード ゴールド(NL)で100万円達成したら、Oliveの方の年会費も永年無料にしてもらえます。(Oliveの方の年間集計期間が終わるまでに達成する必要あり)

三井住友カード プラチナプリファードからの乗り換え

既に三井住友カード プラチナプリファードを持っていて、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードに乗り換える場合のキャンペーンは、

プラチナプリファードの乗り換えキャンペーン内容

三井住友カード プラチナプリファードの解約時の年間累計利用金額に応じて、50万円ごとに5,000ポイントを付与(最大40,000ポイント)

三井住友カード プラチナプリファードを解約して、Oliveフレキシブルペイ プラチナプリファードを新規に作ることになります。例えば、三井住友カード プラチナプリファードの解約時点で150万円利用していた場合は、15,000ポイントがもらえる計算・

この「年間累計利用金額」の算定期間は、三井住友カード プラチナプリファードの毎年の継続特典算定期間と同様です。

つまり、三井住友カード プラチナプリファードを使い続けていたら本来もらえていた継続特典分のポイントが、Oliveに乗り換えると消滅してしまうけれど、それと同水準のポイントを乗り換え先のOliveの方であげますよ、と言うことになります。

このキャンペーンの適用を受けるには、三井住友カード プラチナプリファードは解約が必要です。

これまで三井住友カードを利用した分のメリットは、このキャンペーンのおかげで消滅せずに済みますね。

まとめ

2023年3月スタートの新サービスOlive。さすがは大手のSMBCグループと言わんばかりのサービス内容で、キャンペーンの打ち方からして本気度が伺えます。

大きなデメリットはないサービスだと思いますので、

  1. 三井住友銀行やSBI証券を既に使っている
  2. コンビニチェーンや飲食店チェーンをよく使う
  3. この際、お金関係は一つにまとめてしまいたい

と言った方にはメリットを享受しやすいでしょう。

一方、まだ自分にはメリットが大きくないかもなぁ?と言う方は、今後さらなるサービス拡充の可能性もあるので、自分にとって都合の良いタイミングが来たら切替るのも良いと考えています。

乗り換えキャンペーンなども上手に活用しながら、お得に使っていきましょう♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次