【特典案内】三井住友カード プラチナプリファードを公式HPより10,000ポイントお得に入会詳しくはこちら

三井住友カードでデュアル発行してみた!メリット・デメリットやお得な発行方法など解説【Visa・Mastercard2枚持ち】

  • Visa・Mastercard2枚持ち、デュアル発行にすべき?別のカード会社で作るべき?
  • デュアル発行のメリット・デメリットを確認したい。
  • デュアル発行に興味あり。お得にデュアル発行したい。

クレジットカードの2大国際ブランド、VisaとMastercard。

三井住友カードでは、Visa・Mastercard両方の取り扱いがあり、同じ種類のカードで両方の国際ブランドのカードを作る発行方法(デュアル発行)があります。

一つのブランドだけでは不安で、複数の国際ブランドを持っておきたい方も多いと思います。

デュアル発行を検討している向けに、メリットやデメリット、発行方法など気になる情報を広くまとめました。

私も三井住友カード ゴールド(NL)でデュアル発行をしています。
実際にデュアル発行して良かった!便利だな!と思う場面も。そんな生の声も踏まえ、お伝えします。

この記事を読めば、ご自身にとってデュアル発行する意義があるかどうか検討いただけると思います。

この記事で分かること
  1. そもそもデュアル発行とは何か
  2. どんな場合にデュアル発行がおすすめか(メリット)
  3. デュアル発行の注意点(デメリット)
  4. デュアル発行の方法と、お得なデュアル発行の仕方

入会キャンペーン実施中です

三井住友カード ゴールド(NL)なら最大22,100円相当※/

三井住友カード (NL)なら最大18,600円相当

  • 開催中のキャッシュレス増額キャンペーンとSBI証券デビュー応援プランの合計

入会キャンペーン実施中です

三井住友カード ゴールド(NL)最大22,100円相当

三井住友カード (NL)最大18,600円相当

  • 開催中のキャッシュレス増額キャンペーンとSBI証券デビュー応援プランの合計
目次

デュアル発行とは

三井住友カードのデュアル発行とは何か?、また、デュアル発行できる主なカードの種類について解説します。

概要

デュアル発行した三井住友カードゴールド(NL)
三井住友カードのデュアル発行とは

同じ券種のクレジットカードで、VisaとMastercardの両方を発行すること。

例えば、三井住友カード ゴールド(NL)を作るとき、通常はVisaかMastercardのどちらかを1枚を選び発行します。

しかし、同じ三井住友カード ゴールド(NL)をVisaとMastercardでそれぞれ1枚ずつ(計2枚)発行する場合、デュアル発行と言います

異なる券種でVisaとMastercardを発行する場合は、デュアル発行にはなりません。(例:一般カードをVisaで、ゴールドカードをMastercardで計2枚発行する場合)

デュアル発行が可能な主な三井住友カード

三井住友カードの主要のカードのうちデュアル発行できるカード、できないカードは以下の通りです。

デュアル発行可否カード名
可能三井住友カード プラチナ
三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード(NL)
三井住友カード(CL)
三井住友カード
不可三井住友カード プラチナプリファード
  • 主要なカードのみ記載。その他カードでも可能な券種があります。

VisaとMastercard両方の取り扱いのある券種であれば、基本的にデュアル発行が可能です。

三井住友カード プラチナプリファードはVisaのみの扱いの為、デュアル発行が出来ません・・・

三井住友カードでデュアル発行するメリット5選

デュアル発行のメリット

そもそも、三井住友カードでわざわざデュアル発行する意義とは何か?

他社カードで2枚目をつくる選択肢がある中で、あえて三井住友カードの同じ券種で2枚作るメリットを見ていきます。

実際に私がデュアル発行して感じている良さや気づきを踏まえてまとめてみました。

三井住友カードのデュアル発行メリット5選
  1. 年会費を抑えて2枚持ちできる
  2. 「カードが使えない!」場面が減る(特にキャッシュレス系)
  3. カードが一元管理しやすく、ポイントも無駄になりにくい
  4. 審査ハードルが低い可能性が高い
  5. セキュリティ面やポイント面で他社より優れている

これに当てはまる方は、デュアル発行する価値があるかもしれません。では、一つずつ詳しく見ていきましょう。

年会費を抑えやすい

ゴールドやプラチナなど一部のカードは、デュアル発行の場合2枚目の年会費が割引になります。

特に上位ランクカードの割引率は高いため、上位カードを複数枚持っておきたいが、年会費は抑えたい場合にデュアル発行が活用できるかも。

2枚目の年会費が割引かれるカード

下表に記載のカードは、デュアル発行した場合2枚目の年会費が安くなります。

カード名1枚目年会費2枚目年会費
プラチナ55,000円(税込)5,500円(税込)
ゴールド11,000円(税込)2,200円(税込)
一般1,375円(税込)275円(税込)
デュアル発行での年会費割引一覧

三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード(NL)など上表にないものは、2枚目の年会費は割引になりません。

「カードが使えない!」場面が案外減る

頻繁ではないですが、外出先やネットショッピングでVisaしか使えない、Mastercardしか使えない場面に時々出くわすのも事実。そんな時、別のカードを持っていなくて困るとき、ありますよね。

その他、気を付けたいのが、スマホ決済のチャージや電子マネーなど、キャッシュレス決済において使えるかどうか。キャッシュレス化が進む昨今、きちんと対応しておきたいですね。

三井住友カードのVisa、Mastercardそれぞれで使えないキャッシュレスサービスの主要例は、以下の通りです。

Visaで使えない例
  • au PAYへのチャージ
  • Apple Payのnanaco
  • Apple PayのWAON
Mastercardで使えない例
  • Google Payのタッチ決済

特に、au PAYは唯一、三井住友カードから残高へチャージが出来て、VポイントとPontaポイントを2重取りできるQRコード決済。スマホ決済とお得に連携したい人は注意が必要です。

私がデュアル発行の利点を一番感じるのはこの点。ポイントを2重取り出来てお得すぎる…。Mastercardも作っておいてよかった…!

一元管理しやすくポイントも無駄にならない

  • 片方はスペアなのであまり使わない
  • ポイントは分散させず集約したい

普段使わないカードはつい管理が甘くなりがち。デュアル発行なら2枚とも三井住友カードなので、複数のカードをスマホアプリの「Vpass」上でまとめて管理できます。

明細の確認も便利ですし、身に覚えのない利用に気付きやすかったりと安心です。

私は、普段使わないカードはVpassアプリを使い、「カードの利用制限」機能をONにしています。アプリ一つでカードの決済機能を止めておけるので、安心です。

また、Vポイントも各カードから合算されるので、端数のポイントが分散したりもせず無駄がないのも気楽でいいですね。

審査ハードルが低い可能性が高い

別のカード会社で新規に申し込むより、審査ハードルが低い可能性が高いと考えられます。(あくまで推測です)

特に、元々三井住友カードを1枚持っていて、あとから1枚追加しデュアル発行にする場合に有効そうです。例えば、既に持っている1枚で三井住友カード内で支払い実績を積んでいる分、与信を受けやすいと思われます。

セキュリティ面やポイント面で、他社より優れる場合も。

カードのセキュリティに関して、三井住友カードは他社に比べ機能が非常に充実しており、セキュリティで選びたい方は三井住友カードで2枚持ちするのもおすすめ。

ナンバーレス化、利用制限機能、通知機能、ワンタイムパスワードなど、他社に比べ不正利用対策の手段が多く用意されています。

また、特に三井住友カード ゴールド(NL)の場合、100万円修行は2枚のカードそれぞれで可能なので、100万円程度ずつ使いボーナスポイントを2枚分もらうことも可能で、おすすめです。

生の声Q&A -実際にデュアル発行してみて-

細かな点を含め、私が実際にデュアル発行した理由や、感じていることや気づきも改めてまとめておきます。

なぜ、他社で2枚目を作らず、三井住友カードでデュアル発行したのですか?

一番は、今後もずっと持つことを考えてでした。

セキュリティやポイント等、三井住友カードは様々な点で優秀なカードです。

特定のサービスに特化したカードだと、そのサービス廃止やライフステージの変化で使わなくなります。三井住友カードは、特定のサービスとセットになっているものではなく、その心配もないと考えています。

デュアル発行して、特に良かったと感じることは?

Mastercardを追加発行してau PAYが使えるようになったこと。Visaでは使えなかったので。

三井住友カードからチャージでき、ポイントも2重取りできるのは現在「auPAY×Mastercard」しかありません。VポイントとPontaポイント両方もらえてお得です。

他に良かったと感じる点は?

一つは、急に出くわすVisaかMastercardどちらかしか使えない場面で困らなくなったこと。

もう一つは、Vpassで全部のカードをまとめて管理できるようになり、普段から目の届く範囲で2枚扱えることです。複数のカードを別々に管理するのは面倒でした。

利用枠はVisa・Mastercard共通?

共通ではありません。Visa、Mastercardそれぞれに利用枠が付与されています。そのため、例えばVisaで使ってもMastercardの残り利用可能金額は減りません。

ポイントが当たるキャンペーンなどは別々に応募できる?

はい。別のカードとして扱われているので、両方からエントリーできます。

デメリット・注意点

デュアル発行のデメリット

デュアル発行はメリットばかりなのでしょうか。VisaとMastercardを別のカード会社で2枚持ちする場合と比べ、デュアル発行は以下のデメリットがあります。

デュアル発行のデメリット
  • 受けられるサービスの幅はあまり広がらない
  • 単に2枚持ちしたいだけならば、コスパが悪くなる場合も

別のカード会社で2枚目を発行すれば、三井住友カードで受けられる優遇サービス+他社の優遇サービスの両方が受けられるため、幅が広がります。

また、単にスペアとして2枚持ちしておきたいだけならば、年会費無料の他社カードで十分ともいえます。

100万円修行とデュアル発行

三井住友カード ゴールド(NL)の特典である、年100万円決済達成で年会費永年無料化+継続特典10,000Vポイントは、Visa・Mastercardそれぞれで達成する必要があります。残念ながら、どちらか1枚で達成しても、もう1枚には適用されません。

キャンペーンの適用や、デュアル発行の方法について

  • デュアル発行の方法
  • デュアル発行でも入会キャンペーンは適用されるか

この2点について解説します。デュアル発行をしてみたいと考えている方は、もう少しお付き合いください。

デュアル発行の方法

入会時に2枚同時に申し込む場合と、後から1枚追加する場合とで以下の通りとなります。

同時に2枚申し込みたい場合

Visa・Mastercardを一度に両方申し込みたい場合でも、Visa、Mastercardでそれぞれ1枚ずつ発行申込をする必要があります。

一度の申込で2枚まとめて申込めない仕組みなので、Visaを1枚、Mastercardを1枚別々に申し込みます。

後から1枚追加する場合

すでにどちらかのブランドのカードを持っていて、あとからもう一方を申し込みたいときは、新規に入会するのと同じ方法で追加分のブランドの発行申込をすればOK。

通常の新規発行と同じ手続きで申込をすれば良いんだね。

デュアル発行も入会キャンペーンの対象?

デュアル発行の場合も、入会キャンペーンが適用になるのか。実際の取り扱いは以下の通りです。

デュアル発行での入会キャンペーンの取り扱い
  • 初めて三井住友カードを発行する場合は適用される
  • 2枚同時に申込んだ場合でも、適用は1枚分のみ

では、すでに三井住友カードを持っている場合はどうなるの?

例えば、VisaかMastercardのいずれかを先に持っていて、追加で1枚申し込む場合も、以下の条件を両方満たしていれば適用されます。

  • 2023年12月31日時点で、指定カードを保有していない
  • 2021年2月1日以降、新規で指定カードを発行していない
  • 「指定カード」とは、三井住友カードが指定するカードです。詳細は下記特設サイトでご確認ください。

現在実施中の入会キャンペーン情報

現在、三井住友カードでは、以下2つの入会キャンペーンが実施されています。条件を満たせば2つとも貰うことができます。

三井住友カードゴールド(NL)券面
三井住友カード ゴールド(NL)
三井住友カード(NL)カードフェイス
三井住友カード(NL)
キャッシュレス増額キャンペーン最大9,000円相当最大6,000円相当
SBI証券デビュー応援プラン最大13,100円相当最大12,600円相当
合計最大22,100円相当最大18,600円相当
公式特設ページもっと詳しくもっと詳しく
実施期間:2024年1月1日~4月21日

キャッシュレス増額キャンペーン

入会した月+2か月後末までのカード利用額の10%分のVポイント等がもらえます。(カードごとに上限あり。)

SBI証券デビュー応援プラン

三井住友カード経由でSBI証券口座を開設し、クレカ積立を実施した場合等にVポイントがもらえます。これからNISAを始めようとする方にも嬉しい内容です。

カードを調べるには、カード別公式特設サイトが便利

三井住友カードでは、カード別の特設サイトを公開されています。

カードの最新情報、当サイトで未紹介の特典情報などが1ページにギュッと集約されているので、カードの検討や発行前の最終確認に使いやすくておすすめです。

また、特設サイトからの申込ではキャンペーン適用を受けることができるので、キャンペーンをもらって入会したい際にも是非ご活用ください!

カード選びやキャンペーンGETに

最後まで読んでいただきありがとうございました。素敵なクレジットカードライフをお過ごしください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次