【特典案内】三井住友カード プラチナプリファードを公式HPより10,000ポイントお得に入会詳しくはこちら

三井住友カードに保険を集約してスッキリした話【賠償責任も医療保険も!】

三井住友カードでいろんな保険に入れることを知っていますか?

クレカの保険って言ったら旅行保険でしょ?

いえいえ、今は賠償責任保険や医療保険、生命保険など、いろんな保険に加入ができるんです。

クレジットカードの保険は脚光を浴びる機会が少なかったせいか、実はまだあまり知られていない今の三井住友カード×保険のあれこれ。

  • 保険って、色んなところと契約するから書類や契約内容の管理が面倒
  • 本格的な保険はいらないけど、必要な補償を気軽にトッピングしたい

そのようなお悩みを持っている方には刺さるかもしれません。

この記事では、ふとしたきっかけで保険を三井住友カードにまとめた私の経験談も交えながら、以下のことを説明しています。

この記事で分かること
  • 三井住友カードでどんな保険に入れるか?
  • 三井住友カードの保険は信頼できるのか?
  • どんないいことがあるのか?

ぜひこの記事を読んで、一度検討してみてください!

目次

保険をまとめて、気持ちがえらいスッキリした話【私の体験談】

まずは私の話で恐縮ですが…

三井住友カードの「選べる無料保険」「Vポイントが貯まる保険」についてぼんやり認識はしていたものの、保険には無頓着だったので、自分にはあまり関係がないと思っていました。

ところが自転車に乗るようになり、自治体で義務化されてしまった自転車保険に入らなくちゃなぁ、と思っていた時のこと。

そういえば三井住友カードに自転車保険があったっけなぁ。

そうふと思いだし、三井住友カードのスマホアプリの「Vpass」を開いてみると…

三井住友カードアプリの保険メニュー画面
保険のアイコンを発見

ありました。「保険」。

普段気にしてなかったけど、こんなに身近なところにあったとは。

そのまま開いてみると、保険専用のページに移動。こんなページがあったのか。

そして「Vポイントが貯まる保険」の一つに自転車保険を発見。

安っ…!サブスクか何か?

三井住友カードの保険管理画面
保険画面

通常のポイントに加えて+1%貯まるらしい。

保険商品は三井住友海上?大手の商品なんだ。

しかも、「加入履歴」ってメニューがあるぞ…!もしかしてこのページで契約後の色んな管理まで完結するのだろうか?

保険料もカードから引き落としてくれるし、支払いもクレカにまとまるな。

そんなこんなで自転車保険の契約を済ませたあと、仕事のお付き合いで契約したままだった医療保険も見直して、三井住友カードの「Vポイントが貯まる保険」に乗り換え。

さらにその勢いで、所有している三井住友カード ゴールド(NL)と三井住友カード プラチナプリファードの付帯保険も、国内・海外旅行保険から「選べる無料保険」に変更し自分に必要な補償にチェンジ。

旅行保険、自分には不要だったんだよねぇ。

ここまでいろんな保険を三井住友カードにまとめられるのは盲点だった…

三井住友カードの保険に集約出来たことで、

  • 窓口が三井住友カードに一本化し、散らかって面倒だった保険の管理がめちゃくちゃ楽になった。
  • 申込・支払・契約後の証券管理までアプリ完結で、気がラクに。
  • ちょっとだけポイントが多めに貯まる

といったうれしい体験になりました。

思いがけず、散らかっていてもやっとしていたものがスッキリした経験でした。

私の話はここまで。次からは「三井住友カード×保険」について、詳しくお話をしていきます。

三井住友カードで入れる保険の種類

三井住友カードにはどんな種類の保険があるの?

まずは、三井住友カードでどんな保険に入れるのか、全体像を見ます。細かな補償の内容はここでは割愛しますが、結構たくさん種類があります。

カード付帯のもの

これは、新たに契約するものではなくクレジットカードに最初から付帯しているもの。一般にクレカの保険といえばこのイメージですよね。

券種により無いものもありますが、例えば三井住友カード ゴールド(NL)には、以下のものがついています。

  • 海外旅行保険(利用付帯)
  • お買い物安心保険
  • 紛失盗難補償

旅行中のけがや、カードで買ったものが被害にあったとき、カードを紛失して不正利用されたときなどに補償が受けられます。

このうち旅行保険は、この後の「選べる無料保険」で説明しているプランに変更ができます。

Vポイントが貯まる保険で選べるもの

「Vポイントが貯まる保険」とは、保険料の支払いに対し、通常のポイントに、さらに+1%のVポイントが付与される保険のこと。

ラインナップは以下の通り。実は結構色々とあります。

保険会社保険の種類
ライフネット生命の保険定期死亡保険
終身医療保険
終身医療保険(女性向け)
がん保険
就業不能保険
三井住友海上の保険自転車安心
日常生活賠償安心
持ち物安心
ケガ安心
ゴルフ安心
スキー・スノボ安心
アウトドア安心
三井ダイレクト損保の保険自動車保険
2024年2月現在

ライフネット生命の保険と、三井ダイレクト損保の保険は長期で活躍する本格的な保険となっています。

三井住友海上の保険は、月々100円台からの少額ピンポイント補償なので、必要な時のトッピングにおすすめです。

私の入った「自転車安心」保険も160円/月です。

選べる無料保険で選べるもの

「選べる無料保険」とは、三井住友カードに元々付帯している旅行保険の補償を受けない代わりに、好きな補償内容のプランへ変更できるというもの。

旅行保険がいらない場合の選択肢になります。補償期間が1年なので、最短1年サイクルで変更できます。

ただ補償額は少なめなので、ピンとくるプランが無ければ無理に変更しなくてもいいかなと個人的に思います。

2024年2月現在のプランは以下の通りです。

  • スマホ安心プラン
  • 弁護士安心プラン
  • ゴルフ安心プラン
  • 日常生活安心プラン
  • ケガ安心プラン
  • 持ち物安心プラン

日常のちょっとしたリスクに備えられそうなのが多いですね。

その他の入れる保険

Vポイントが貯まる保険でも、選べる無料保険でもない保険も、いくつか用意されており、三井住友カードから手続きができます。

  • 火災保険
  • ペット保険 など。

これらは、Vポイントが多く貯まるわけでも無料でもなく、普通の保険に三井住友カード経由で加入するイメージです。

保険商品は信頼できるものなのか?

カード会社で契約する保険って大丈夫なの?なんか、うさんくさい。

保険会社の直販や対面型代理店経由の契約ではないので、不安に感じますよね。

でも、結論から言うと、問題ないかなと思います。

補償内容は事前にきちんと確認する必要がありますが、保険商品自体はライフネット生命や三井住友海上など、大手保険会社のものです。

また、例えばライフネット生命の場合、補償は直接契約するものと同じで契約窓口が三井住友カードになったものなので、商品性は変わらないことになります。

ですので、サービス自体が信頼できない、ということはないと思います。

補償内容は、事前にきっちりチェックしてくださいね。

三井住友カードに保険をまとめると、何が起こる?

結局、どんないいことがあるの?

つまりはそこですよね。わざわざ三井住友カードに集約しなくても、保険には入れるわけですから。

私がやってみて実感したことを含め、メリットは以下の通りだと考えています。

三井住友カードに保険をまとめるメリット
  • 契約・支払・管理がVpassアプリ完結でとにかく管理がラク。
  • 補償内容が同じでVポイントが上乗せ。(商品によるかも)
  • 初期設定の旅行保険がいらない人には無駄がない。
  • 少額で補償がトッピングできる。

一つにまとめるとスッキリしてラク

まず、契約~保険料の支払い~契約後の保険証券などの管理がすべて三井住友カードの「保険画面」と三井住友カードのクレジットカードで完結するので、とりあえず三井住友カードの保険画面を見るだけで保険の管理ができます。

「あの保険証券どこやったっけ?」「あの保険会社のマイページIDどれだっけ?」

といった面倒からは解放されます。こんな風にいろいろとスマホ上で間に合います。

加入履歴が見られたり
請求などもできる

色んなサービスがあふれた時代、管理するものが増えすぎて大変ですよね。少しでも楽になればと思います。

同じ補償内容でVポイントが追加されお得

これは保険の商品によりますが、ライフネット生命のものは、直接ライフネット生命で契約する場合と補償内容が同じ。

そのため、三井住友カードから契約した方が純粋に+1%のVポイント分お得になります。

その他の商品は、三井住友カード用に補償内容がカスタムされたもの等もあるので一概に言えません。相見積もりを取るなどして比較する必要がありますね。

必要なものを手軽にトッピングできる

私が自転車保険に加入したように、何か必要なものがあれば少額から補償をオンできるのもありがたいところ。

ちょっとした補償のために、別の会社と契約するのも管理の手間が増えて面倒ですが、三井住友カード内で完結ならば管理するものも特に増えずにとても楽です。

また、カードに付帯する旅行保険が不要で持て余している方も、選べる無料保険で好きな補償を選べるのは無駄がなくGOODですね。

まとめ

クレジットカードの付帯サービスのイメージが強い、保険。

最近では「Vポイントが貯まる保険」「選べる無料保険」のように、三井住友カードで使えるサービスのメインに昇格しつつあるかと思います。

保険の見直しや、ライフスタイルの変化があった際に、三井住友カードへの保険のおまとめを検討してみてはいかがでしょうか。

ダイレクト型の保険が普及しているので、いろんな保険会社と契約して管理が大変になっている方も多いのではと思います。

または、保険は基本要らないけど、ちょこっとだけ保険が必要、という方もいらっしゃるかと思います。

そういった方に、三井住友カード×保険のご利用はおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次