【特典案内】三井住友カード プラチナプリファードを公式HPより10,000ポイントお得に入会詳しくはこちら

【結論出た】SBI証券のポイントどっちが得?Vポイント・Tポイント・dポイント・Pontaポイント

  • SBI証券では色んなポイントが貯められるらしいけど、どれがお得かわからない!
  • Vポイントで貯めるのがおすすめな人はどんな人?

SBI証券では、Vポイントをはじめ複数のポイントから選んで貯める・使うことが可能。

では、どのポイントを選ぶのが一番お得なのでしょう?

全てのポイントサービスを比較して結論を出すのは大変ですよね。

そこで、この記事では、各種ポイント間の付与率等の比較や、各ポイントがどんな人におすすめかをまとめています

自分にベストな方法を選んでお得に使いましょう♪

目次

【結論】一番お得を狙えるのはVポイント

さっそく結論からですが、SBI証券でもらえるポイントの中で、一番高い付与率を狙えるのはVポイントです

SBI証券では、Vポイント、Tポイント、Pontaポイント、dポイント等を貯めることができますが、ポイントサービス間で具体的にどんな違いがあるか、一覧表にまとめました。

VポイントTポイント
Pontaポイント
dポイント
クレカ積立0.5%~5.0%付与なし付与なし
国内株式手数料
マイレージ
3.0%
※三井住友カード仲介口座でない場合は1.1%
1.1%1.1%
投信マイレージ
(通常銘柄の場合)
0.1-0.2%
SBIラップ0.1-0.2%
金・銀・プラチナ
マイレージ
1%
新規口座開設100pt
国内株式移管入庫
(1回あたり)
100pt
FX取引
(新規取引10単位で)
1pt
ポイント投資投資信託のみ投資信託
国内株式
不可
ポイントサービス比較表

上の表のとおり、違いがあるのは以下の3項目です。

  1. 投信のクレカ積立でのポイント付与
  2. 国内株式手数料マイレージ
  3. ポイント投資の可否

これらの違いをもう少し具体的にご説明します。

クレカ積立

今回比較するポイントサービスの中で、クレカ積立で貯められるのはVポイントだけ

また、SBI証券のクレカ積立でVポイントを貯められるのは三井住友カードだけなので、クレカ積立でVポイントをもらうには三井住友カードが必須装備になります。

三井住友カードでも券種により付与率は異なっており、主要なカードでは以下の通りです。

付与率年最大獲得ポイント
プラチナプリファード券面
三井住友カード プラチナプリファード
5.0%30,000ポイント
三井住友カードゴールド(NL)券面
三井住友カード ゴールド(NL)
1.0%6,000ポイント
三井住友カード(NL)カードフェイス
三井住友カード(NL)
0.5%3,000ポイント
クレカ積立でのポイント付与まとめ
  • 毎月のクレカ積立上限5万円×付与率

2024年1月現在、巷の多くのクレジットカードでクレカ積立によるポイント付与のサービスが展開されていますが、どれも高いもので付与率1.0%程度の水準となっています。

そう考えると、三井住友カード ゴールド(NL)でも十分高水準、三井住友カード プラチナプリファードは破格と言ってよさそうですね。

三井住友カードの所属するSMBCグループとSBI証券は、資本業務提携を行ったことが発表されており、今後も両者の併用によるメリットが戦略的に拡大されていく可能性も高そうです。

国内株式手数料マイレージ

国内株式の売買手数料に対するポイントも、Vポイントなら3.0%(※三井住友カード仲介口座でない場合は1.1%)。他のポイントサービスの3倍近く貯められます。

ただ、売買手数料は一度の取引で数百円~千円前後なので、何度も売買を繰り返さない限り付与されるポイント数も多くはありません。

また、売買手数料がそもそもかからない場合、国内株式手数料マイレージも発生しません。

SBI証券では2023年から国内株式の売買手数料が一定の条件を満たす場合無料化されているため、無料化対象の方の場合は実質的にどのポイントサービスでも差がないことになります。

ポイント投資の可否

一方で、ポイント投資(ポイントを使って投資信託等を買付ること)に関しては、Vポイントは残念ながら投資信託の買付のみとなります。

TポイントやPontaポイントの方が、国内株式の買い付けにも使用できる分、投資先は広いです。

Vポイントで貯めるのがお得な人とは?

ここまでで見た通り、付与のされ具合だけを見るとVポイントが一番お得ですが、人によっては他のポイントで貯める方がよい場合も。

それぞれどんな人におすすめなのかお話していきます。

まず、Vポイントで貯めるのがおすすめなのは、こんな方です。

SBI証券でクレカ積立をしている、または検討している方

ここまで見た通り、各種ポイントサービス間では、クレカ積立以外は大きな差が生まれづらいことが分かります。

そうなると、決定的に違いが出てくるのは、三井住友カードを使ってクレカ積立をするかどうか

クレカ積立でVポイントを貯められるのは三井住友カードのみなので、

SBI証券×三井住友カードの併用が必須条件

になります。

ここで貯めたポイントは三井住友カードの支払いに充当できるので、三井住友カードユーザーであれば使い道に困ることはなく、貯めたポイントを使いやすいのも便利ですね。

貯めたポイントを次のクレカ積立分の支払いに充当すれば着実に消化できます。

ポイントの使い道の広さや便利さって大切!

TポイントやPontaポイント、dポイント利用がお得な人

SBI証券では、実はVポイントとその他のポイントを両方貯めることも可能です。

え?どういうこと?と思われるかもしれませんが、

ポイントの併用方法
  • クレカ積立のみVポイントで貯める
  • 他の証券サービスではPontaポイント、dポイントなどで貯める

といった貯め分けが可能!

クレカ積立と、それ以外のポイントが貯まる証券サービス(国内株式手数料マイレージ等)は別々のサービスなので、実はすべてのサービスでVポイントを無理に選ぶ必要はないのです。

そのため、普段はTポイントやPonta、dポイントを使っていて、Vポイントよりもそちらの方が使い勝手が良い人は、クレカ積立以外をVポイント以外で貯めるのもおすすめ。

ただし、クレカ積立によるVポイント獲得には三井住友カードが必要になるため、三井住友カードユーザー以外は上記のような貯め分けは出来ません。

クレカ積立のみ三井住友カードを登録し、他はVポイント以外を貯める設定をSBI証券側でしておけばOKだよ!

クレカ積立を始める場合、どの三井住友カードがいいのか?

さて、ここから先は三井住友カード×SBI証券の併用を検討されている方向けの内容になります。

三井住友カードの券種ごとにクレカ積立のVポイント付与率や年会費が異なるため、人気の主要3カードに関しコストパフォーマンスを比較してみます。

年最大獲得ポイント年会費差し引き
プラチナプリファード券面
三井住友カード プラチナプリファード
30,000
ポイント
(付与率5.0%)
33,000円(税込)▲3,000円相当
三井住友カードゴールド(NL)券面
三井住友カード ゴールド(NL)
6,000
ポイント
(付与率1.0%)
5,500円(税込)
年間100万円の利用で
翌年以降永年無料※
500円相当

年会費無料となる場合
6,000円相当
三井住友カード(NL)カードフェイス
三井住友カード(NL)
3,000
ポイント
(付与率0.5%)
永年無料3,000円相当
  • 年最大獲得ポイントは、毎月のクレカ積立上限額×付与率
  • 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

年会費とクレカ積立のポイントを純粋に差し引きすると、三井住友カード(NL)や三井住友カード ゴールド(NL)がパフォーマンスが良いです。

まずは気軽に始めてみたいなという場合、年会費がかからない三井住友カード(NL)から発行してみるのもよいかもしれませんね。

三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード プラチナプリファードもお得なことが沢山あり、本当はお勧めしたいのですが、保有コストのかからない三井住友カード(NL)からまず初めて、ご自身の興味と使い方に合わせてグレードアップを検討すればよいかと思います。

入会キャンペーンも活用し、スタートダッシュ!

現在、三井住友カードでは、以下2つの入会キャンペーンが実施されています。条件を満たせば2つとも貰うことができます。

キャッシュレス
増額キャンペーン
SBI証券
デビュー応援プラン
合計
三井住友カード(NL)カードフェイス
三井住友カード(NL)
最大6,000円相当最大12,600円相当最大18,600円相当
三井住友カードゴールド(NL)券面
三井住友カード
ゴールド(NL)
最大9,000円相当最大13,100円相当最大22,100円相当
プラチナプリファード券面
三井住友カード
プラチナプリファード
最大18,000円相当最大15,100円相当最大33,100円相当
実施期間:2024年1月1日~4月21日

キャッシュレス増額キャンペーン

入会した月+2か月後末までのカード利用額の10%分のVポイントなどがもらえます。(カードごとに上限あり。)

SBI証券デビュー応援プラン

三井住友カード経由でSBI証券口座を開設し、クレカ積立を実施した場合等にVポイントがもらえます。これからNISAを始めようとする方にも嬉しい内容ですね。

SBI証券サービスをこれから始める方に手厚い内容で、SBI証券との併用を始めるにあたってはいいタイミングですね。

新NISAが始まったこのタイミングで、ぜひ三井住友カード×SBI証券のサービスを始めてみてはいかがでしょうか。

カード別のキャンペーン詳細の確認や、キャンペーン適用はこちらのカード別公式特設サイトから可能となっています。

\キャンペーンGETはこちらから/

三井住友カード プラチナプリファードをご検討の方へ、公式サイトよりお得な当サイト専用入会ページのリンクを下に貼っておきますので、入会時ぜひご活用ください!

\ 三井住友カード プラチナプリファードなら/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次